肌の細胞の生まれ変わらないところ

肌の細胞の生まれ変わらないところ

アートメイクで色素を入れる箇所はちょうどこの肌の新陳代謝が行われている表皮と真皮の間あたりだから、肌の生まれ変わりや新陳代謝のサイクルにより消えていってしまうようになるんです。表皮は主にケラチノサイトという細胞で形成されていまして、よく耳にする肌の生まれ変わりや角質の新陳代謝などは表皮と真皮が接触してるあたりで細胞分裂を起こしたものが肌の表面に押し上げられて行われるものでしょう。

アートメイクが消えてしまう原因にはアートメイクの構造に理由があるのです。真皮はコラーゲン繊維の結合体などがあるところで、感染や毛細血管などが張り巡らされてる層です。

そうして、刺青みたいに血管や皮下脂肪が張り巡らさている皮下組織に色を入れてしまうと肌の細胞の生まれ変わらないところに色が入っているので一生消えなくなってしまいましたとしてましているのです。アートメイクでは皮膚下0.01邱墓□0.03oの表皮と真皮のちょうど間あたりに色素を入れていくもので、刺青はさらに鄒樊自臭皮下組織と言い伝えられるところに色を入れていくものになるのでしょう。

アートメイクは刺青などとは違いまして肌の表面に近接皮膚組織に色を入れていくこととします。皮膚は肌の表面から表皮、真皮、皮下組織と言い伝えられる順に並んでいて、3層構造になっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ